ウェディング業界で働きたいなら専門学校がおすすめ!通うメリットとは?

学生2

華やかで喜び溢れる結婚式の空間に憧れてウェディング業界への就職を希望する人は多いです。しかしウェディングと一口に言っても結婚式場、ホテル、ゲストハウスなど職場となる施設はたくさんあり、どうやって目指せばいいのか、どんな知識を身に付ければいいのかわからないですよね。

今回はそんな悩める方たちにおすすめのウェディング専門学校の魅力、通うメリットについて解説します。

ウェディング業界で働くには即戦力が求められる!

ウェディング業界で仕事をしたい方にとって、希望の職にどうやって就くかはハードルの高い第一関門です。結婚式にまつわる職種は華やかなイメージを持たれる一方で、新郎新婦の一生に一度のセレモニーを任される責任が重大な立場です。

やり直しや失敗は絶対に許されない職場であるため、何も知識がない未経験の状態から始めるのは難しく、就職には即戦力が求められるということを覚えておきましょう。

専門学校はウェディング業界で働くための近道です

そんな間口の狭いウェディング業界への足掛かりを掴むためには大きく分けて3通りの方法があります。一つ目は短大や大学に入学することです。ウェディングについて学べる学科は、ブライダル・婚礼とは銘打っておらず、観光学科、経営学科などの名称が付いていることがほとんど。

これらの学科はウェディングに特化しているわけではなく、あくまでも観光カテゴリ、経営の一つとしてブライダルを学べ、就職先の一つにウェディング業界も目指せますよというスタンスとなっています。次の二つ目はウェイターの派遣やアルバイトとして直接婚礼現場に入り、配膳などの実践で経験を積むという方法です。

こちらは披露宴の臨場感と職に対する自分の向き不向きを感じ取る意味では良いですが、そのままウェディング業界に身を置ける保証はなく、ウェディングプランナーなどの専門職種を希望する方には少し回り道かもしれません。

最後の3つ目は専門学校に通うことです。ウェディングの専門学校はその名の通り、婚礼の専門知識を学べ、ウェディングに精通したプロ講師陣の授業を受けることができます。何もわからない一からの人でもウェディング業界で役立つ人材となれるようなカリキュラムが組まれており、ウェディング関連の種々の職業を目指すことが可能。

さまざまな講座・実習などを通してステップアップでき、現場での即戦力になれるのが強みです。多くの専門学校ではホテルや式場ともパイプがありますから、就職活動も心強いはず。ですからウェディング業界を目指す方にとって、専門学校は思い描く将来への玄関口。

ウェディング関連の職種に就くための近道と捉えてもよいでしょう。

ウェディングの専門学校に通うメリット5つ!

ウェディングの専門学校に通うとどんなメリットがあるのか、簡潔にまとめてみました。

1.ウェディングに特化した幅広い知識を学べる

2.日程を教えてもらえたり対策試験があったりするので、ウェディング関係の種々の資格試験に挑戦しやすい

3.有名ホテルや式場で卒業生が活躍している実績があると専門学校としての信頼度が高く、良い企業に紹介してもらえるなんてことも。とにかく就職に強い

4.実際のウェディングを想定した実習があったりするので、実践での対応が身に付きやすい

5.講師は元ウェディングプランナーやブライダル業界に身を置いていた人が多いので、ウェディング職の良い面も悪い面も含め生の声を聞きやすい

ウェディングの専門学校で目指せる職種

学校12

純白のウェディングドレスを着た花嫁さんをサポートしたり、豪華な披露宴会場を作り上げたりと、ウェディングに関わる仕事はたくさんあります。

ウェディングの専門学校で目指せる職種としてまず第一に挙げられるのはウェディングプランナーでしょう。結婚式に携わる仕事としては一番の花形で、テレビや雑誌でもよく取り上げられていますよね。

授業では笑顔の作り方といった営業の基礎から、結婚式に参列する多くのゲストへの対応力、スタッフを取り仕切るリーダー性を育てるためのカリキュラムが組まれていることが多いです。他にはウェディングドレスや白無垢、打掛といった婚礼衣装全般を取り扱う衣装コーディネーターや、当日の花嫁を美しく仕上げるブライダルヘアメイク、ブーケや披露宴会場の装花を飾り付けるフラワーコーディネーターといった専門知識を必要とする職種を目指すことも可能。

ウェディングの専門学校の中にはホテル実習に力を入れているところも多くありますので、フロントやコンシェルジュ、バンケットサービスなどのホテルマンへの道も開けています。


ウェディングの専門学校に通うと取得しやすい資格

ウェディングの専門学校に通い、専門知識を学ぶことで、種々のブライダル関係の資格が取りやすくなります。資格があれば就職に有利になるだけでなく、将来職に就いた時にお客様に的確なアドバイスができたり、お給料アップに繋がる可能性も。具体的にどんな資格があるかというと・・・

・アシスタントブライダルコーディネーター(ブライダルコーディネーター検定)

・全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)認定ブライダルプランナー

・レストランサービス技能検定(国家資格)

・パーソナルカラーコーディネート検定

・WBJ認定ドレスコーディネーター

・ブライダルフラワーアレンジメント上記はあくまでほんの一例です。他にも美容方面に進みたい方にはブライダルメイクアップ検定、衣装を極めたい方には着付け技能検定など専門性の高い資格に挑戦することができます。

プログラマー志望の方必見!専門学校の授業内容について

ウェディングの専門学校は各自のライフスタイルに合わせて選べる

ウェディング業界は華やかさが人気で、ブライダルプランナーやドレスコーディネーターを目指す方は多くいます。高校を卒業予定の学生はもちろん、転職をしたいOL、ホテルマンになりたいサラリーマンなど世代もいろいろでしょう。

専門学校はそんな方たちのライフスタイルに合わせて選ぶことができます。例えば朝から夕方まで学生として通える方は正規の一年 or二年コースを。日中は仕事をしていて転職を目指したいOLやサラリーマンの方は夜間のコースを。

現在は子育て中だけど、いずれパートで働くことを見据えている主婦の方は通信制でウェディング系の資格取得を目指せるコースを。自分にはどの専門学校のどのコースが丁度良いのか?かかる費用や継続して通うための立地も吟味して選びたいもの。

気になった専門学校には資料請求したり、オープンキャンパスに行ってみて講師や授業の雰囲気を感じ取ってみるのも良い方法です。